心地よい毎日を♪

日々、楽しく丁寧に☆ 家族みんなが心地よいと感じられる時間を多くしたい! 子育てや日々の出来事を気ままに綴っています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆上高地
2日目は、上高地へ。何年か前にも行ったことがあり、とっても綺麗なところだったので、また行ってみたいと思っての再訪。息子がどれくらい歩けるか分からなかったので(抱っこと言われると大変なので…)、長時間のハイキングはせず、河童橋付近の川辺でのんびり水遊びをしたり、お弁当を食べたりしながら過ごしました。
上高地



◆扉温泉 明神館
2泊目の宿は、松本駅から車で30分程の『扉温泉 明神館』。 山道を登り、大自然の中にある歴史ある旅館でした。 1泊目の星野リゾートは期待し過ぎて、あまり感激できなかったので、2泊目の明神館は期待しないようにしていましたが、旅館についたときから、とっても手厚いおもてなしで、感激でした! 支配人を始め、スタッフ全員が、常に息子にも配慮もして下さり、本当に気持ち良く過ごせました。 
外観・ロビーなど
明神館
部屋
明神館 部屋
夕食 (和懐石)
明神館 夕食
温泉
明神館 温泉
朝食
明神館 朝食


息子が小さいので夕食が和懐石しか選べなかったのが残念でしたが(本当はフレンチがよかった!)、歩き回る子連れだと、さすがに他のお客様にも迷惑なので納得です。 夕食も朝食も個室にしてくれ、息子が歩き回っても気にする必要がなくよかったです。ご飯も美味しかったし、息子用に特別にうどん(だしが効いてて美味しいうどんで、しかも食べやすいようにカットまでしてくれていました)や朝食を用意してくれたのが、うれしかったし、ありがたかったです。

温泉は、大自然を眺めながらの立ち湯がとっても面白くて気に入りました。立ち湯は、どうやらこの旅館の名物のようです。 夫は、夜、立ち湯に入っている時に、3~4メートル先に鹿が見えたそうです。 隣にある女子湯は、前が崖&川になっているので、残念ながら私は見えませんでしたが、夫が写真を撮ってきてくれたので写真では見えました。 旅館の玄関の外の階段を下ったとこにある露天風呂は、硫黄のにおいが他の温泉より特に強く、肌もスベスベになったような気がします。 

歴史のある旅館なので、建物は年代を感じる部分もありますが、キレイに手入れされていたし、なんといってもサービスが本当によかったので、私たち夫婦の間では、「今まで泊まった宿で一番よかったね!」と意見が一致しました。 いつかまた泊まりたいなぁと思います。



最終日の3日目は、本当はぶどう狩りに行こうと思っていたのですが、息子のお腹の調子があまりよくなかったので、ぶどうを食べすぎると悪化する可能性もあると思い、断念。。。朝も温泉につかり、のんびり出発して、帰りに土岐のアウトレットで買い物をして帰宅しました~♪



スポンサーサイト

コメント:

いいなぁ~♪

上高地にも行ったんだねぇ。
きれいな景色に癒されたかな?
私もここしばらく上高地に行ってなかったから、
写真みて行きたくなりました☆。

明神館って聞いたことある気がするよ。
UちゃんたちのNo.1の宿に出会えてよかったね~。
料理だけじゃなくて、温泉や宿の雰囲気・お部屋の清掃状態・サービスなど、トータルで満足できる宿だと、旅全体の満足度も違うもんね!

ただ、ぶどう狩りだけが残念だったかな?
お腹の調子は大丈夫だったかな。

>oerikoさん

上高地、綺麗だよね。マイナスイオンたっぷりな
感じもあって、私も大好き。また息子がもう少し
大きくなったら行きたいわ!

明神館は、ホント、サービスがよくて感激だったよ。
1泊目の星野リゾートもそうだったんだけど、
平日だったせいか、女性同志のお客さんが断然
多くて、いつかみんなで、豪華温泉女子会
行けるといいな~って妄想してました^^
明神館、松本からシャトルバスもあるし、
女子会の候補にいいかも!(気が早い!?)

お腹も痛みは全くなさそうで、ちょっと
下ってるだけだったんだけど、ぶどうは
息子の大好物でぶどう狩りなんていったら、
ひとりで大人並みに食べそうだからやめたの~(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 U子

Author: U子
夫と息子(2010年8月生まれ)との
3人暮らし。

楽しく子育てしたい。
エコでありたい。

おいしいもの好き。
散歩好き。
読書好き。
旅行好き。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。